【おへんろ】第42番札所「佛木寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

日本, 〒798-1102 愛媛県宇和島市三間町則1683
www.88shikokuhenro.jp
+81 895-58-2216

【現在地から検索】

こんにちは宇崎ツカです。

僕はいま、42番札所「佛木寺」に来ています。

仏木寺の歴史・由来

牛の背に乗った弘法大師の伝説が語り継がれる仏木寺には、境内に家畜堂という小さなお堂がある。ミニチュアの牛や馬の草鞋をはじめ、牛馬の陶磁器、扁額などがところ狭しと奉納されている。近隣の農家では、田植えが終わったころに参拝に行き、牛馬の守護札を受けて帰り、畜舎の柱に貼っていた。往時は農耕をともにした家畜たちの安全を祈願していたが、最近ではペットなども含めて動物一般の霊を供養したり、また、闘牛の飼育者の間にも信仰が広がっているという。
大同2年のころ、弘法大師はこの地で牛を引く老人と出会った。誘われるまま牛の背に乗って歩むと、楠の大樹の梢に一つの宝珠がかかって、光を放っているのを目にした。よく見ると、これは唐から帰朝するときに、有縁の地が選ばれるようにと、三鈷とともに東方に向かって投げた宝珠であった。大師は、この地こそ霊地であると感得、堂宇の建立を決心した。大師は自ら楠で大日如来像を彫造、眉間に宝珠を埋めて白毫とした。これを本尊として安置し、「一山仏木寺」と名づけ、草字体で書写した『般若心経』と『華厳経』一巻を奉納されたと伝えられる。

その後、寺は牛馬安全の守り仏、大日さまとして信仰をあつめ、鎌倉時代には宇和島領主・西園寺家の祈祷、菩提寺となるなど隆盛を誇った。戦国時代には戦乱に災いされるなど、苦難の道を余儀なくされたが、再建に励んで面目を一新し、活気に満ちている。

さっき行ったお寺の山の裏側にあるお寺ですね。駐車場に車を停めます。

こっち側は田んぼが広がっていてものすごく農耕地な感じがします。

お寺の門の隣には東屋があって、お遍路さんが横になってくつろいでいます。りっぱな休憩所ですね。

こちらが仁王門。

阿。

吽。

門をくぐると階段がありました。

おへんろさんとすれ違うのでこんにちは、と、あいさつをしました。

正面が本堂。本堂の左に大師堂があります。

手水で手を清めます。

鐘を撞きましょう。

ごーん。

本堂でロウソク・お線香・お経・お賽銭・収め札を奉納します。

大黒天様のお堂があります。

大師堂でロウソク・お線香・お経・お賽銭・収め札を奉納します。

ここが納経所かな。

納経所で御朱印をもらいました。

以上、42番札所「佛木寺」でした。またね!




【カンパのお願い】
〇お買い物の際は、●Amazon●●楽天市場●からご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。
欲しいものリスト


気に入ってくださった方は、ご支援いただければ幸いです。


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
【広告】