ツカ

おへんろ

【おへんろ】第68と69番札所「神恵院」と「観音寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 観音寺の歴史・由来 観音寺が第六十八番・神恵院と同一境内にあり、開基も創建の時期や由縁も同じであることは、前項で述べている。ただ、創建されたころの寺号は「神宮寺宝光院」と称した。以来、100年後の...
おへんろ

【おへんろ】第67番札所「大興寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 大興寺の歴史・由来 地元では大興寺というより、山号にちなむ「小松尾寺」という呼称が親しまれ、近傍一帯の集落を小松尾と呼ぶ。 縁起によると、天平十四年(742)熊野三所権現鎮護のために東大寺末寺として...
おへんろ

【おへんろ】第66番札所「雲辺寺」【往復2060】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 雲辺寺の歴史・由来 四国霊場のうち最も高い標高911メートル、四国山脈の山頂近くにある霊場で、「遍路ころがし」と呼ばれる難所とされた。現在は、麓からロープウエーで山頂駅まで登ることができる。住所は...
おへんろ

【おへんろ】第65番札所「三角寺」【P200】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 三角寺の歴史・由来 江戸時代の俳人・小林一茶が寛政7年(1795)に訪れたとき、「これでこそ 登りかひあり 山桜」と詠まれただけあって、山内は樹齢3、400年の桜が爛漫となる名所である。伊予最後の...
おへんろ

【おへんろ】第64番札所「前神寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 前神寺の歴史・由来 前神寺は、山岳信仰の山として崇拝される富士、大山など日本七霊山の一つ、国定公園・石鎚山(標高1982mの麓にある。真言宗石派の総本山であり、修験道の根本道場でもある。弘法大師は...
おへんろ

【おへんろ】第63番札所「吉祥寺」【P200】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 吉祥寺の歴史・由来 東西に走る国道11号線と、JR予讃線に挟まれて所在する。かつては塔頭21坊の伽藍を誇った大寺域は、やはり近代化された道路と鉄道によって狭められた。四国霊場の中で、本尊を毘沙聞天...
おへんろ

霊場会辞めた寺【おへんろ】第62番札所「宝寿寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 宝寿寺の歴史・由来 JR伊予小松駅から西へ歩いて1分、100m近い。境内は、しっとりとした日本庭園の風情が満ちており、遍路の気分を和ませてくれる。往時は伊予三島水軍の菩提寺として、また、大山祇神社...
おへんろ

【おへんろ】第61番札所「香園寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 香園寺の歴史・由来 香園寺は聖徳太子(574〜622)の開基という四国霊場屈指の古刹であり、一方、境内には本堂と大師堂を兼ねた超近代的な大聖堂を構えている。また、寺が創始した子安講の輪は、海外にま...
おへんろ

【おへんろ】第60番札所「横峰寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 横峰寺の歴史・由来 西日本の最高峰・石鎚山(標高1982m)は、山岳信仰の霊地であり、修験道の道場でもある。弘法大師・空海が24歳の若いときの著書『三教指帰』の中で「或時は石峯に跨って粮を絶ち(断...
おへんろ

【おへんろ】第59番札所「国分寺」【P200】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】 国分寺の歴史・由来 伊予国分寺。伊予の国府があったところで、この地域は伊予文化発祥の地ともいえる。往時の国分寺はいまの寺から150mほど東にあった。東塔跡とみられる遺跡には13個の巨大な礎石があり...
タイトルとURLをコピーしました