【おへんろ】第77番札所「道隆寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】

道隆寺の歴史・由来

仁王門をくぐると、ブロンズの観音さんがずらりと並んで迎えてくれる。創建ころのこの付近一帯は広大な桑園で、絹の生産地であったようである。縁起によると、和銅5年、この地方の領主、和気道隆公が桑の大木を切り、小さな薬師如来像を彫造し、草堂を建てたのが寺の初めといわれる。道隆公は、周囲5メートル近い桑の大木が、夜ごと妖しい光を放っているのを見た。この光を怪しみ矢を射ると、女の悲鳴があり、乳母が倒れて死んでいた。嘆き悲しんだ道隆公は、その桑の木で仏像を彫り、草堂に安置して供養すると、不思議にも乳母は生き返ったという。

大同2年(807)、道隆公の子・朝祐公は唐から帰朝した弘法大師に懇願し、90ンチほどの薬師如来像を彫造、その胎内に父・道隆公の像を納めて本尊とした。
朝祐公は大師から授戒をうけて第2世住職となり、先祖伝来の財産を寺の造営にあてて七堂伽藍を建立、寺名は創建した父の名から「道隆寺」と号した。第3世は弘法大師の実弟にあたる真雅僧正(法光大師)が嗣ついで二十三坊を建立し、第四世の円珍(智証大師)は五大明王、聖観世音菩薩像を彫造して護摩堂を建立、次の第5世聖宝(理源大師)の代には「宝祚祈願所」となっている。高僧が相次いで寺勢は栄えたが、貞元年間(976〜78)の大地震による堂塔の倒壊や、康平3年(1060)の兵火、また「天正の兵火」に遭うなど興亡をくり返しながらも、法灯を守り続けている。

こんにちは宇崎ツカです。

四国お遍路77番札所「道隆寺」に来ています。

お寺の入口の前らへんが駐車場になっているので車を停めました。

入口の目の前におへんろショップがありますね。減った仏具の補充ができます。

立派な門ですね。



境内に入ると左側にずらりと仏像が並んでいます。

正面が本堂。本堂の右側に大師堂

右側の広場にハトがたくさんいて子供がはしゃいでいます。

おっちゃんがハトに何かエサをまいているようです。

ツカ「こんにちは。ハトいっぱいですね。」

「ハトいっぱいいるよ。多いときは100匹くらいいるね。」

ツカ「ありがとうございました。」

手水で手を洗います。

鐘があるので撞きましょう。

ごーん。

なで七福神とやらがあります。

なでると良い事があるようです。撫でておきましょうか。

なでなで。

塔がありました。

本堂でロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

大師堂でロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

バス停みたいな休憩所があるのでちょっと休憩していきましょう。

ハトいっぱいだなあ。

こちらが御朱印になります。

以上、77番札所「道隆寺」でした。またね!




トップページに戻る

【ご支援お願いします】
〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとう。
欲しいものリスト
Amazonギフト券- Eメールタイプはuzakituka@gmail.comまでお願いします。

スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】