「シカを深追いして野宿」自給自足のサバイバル狩猟2017#2


こんにちは宇崎ツカです。

銃がジャムってしまいました。
空薬莢の排出がうまくいかなくて、次の弾が装填できない状態です。
弾詰まりの事をジャムる、と言います。


散弾はプラスチックの筒の中に弾が入っているので、発射する時に筒の先が変な形に開いたりすると引っかかって排出されない時がごく稀にあります。
指で空薬莢をつまんで引っ張り出すだけで解決できる事ですが、そうこうしているうちにシカは逃げていってしまいました。


足に弾が当たっていると思うのでそんなに遠くへは行けないでしょうから血痕と足跡をたどって追跡しましょうか。

足跡と血のニオイが点々と続いてますね。

追跡開始です。


シカはピョンピョン跳ねて逃げるので足跡は深く残っています。
わりとわかりますね。


ふう、はあ、けっこう歩くなあ、山ひとつ越えてしまうよ。はあ。はあ。
弾当たってるのに平気で山ひとつ越えるとか、シカの体力半端ない。はあ。


もうビデオの電池が切れそうですよ。


だんだん暗くなってきたなあ、山は日が暮れるのが速い。

血痕がありますね。
そろそろ追いつくと思います。


シカがいました!


撃ちます。


命中しましたが、もうビデオの電池が無いです。


すぐに解体を始めましたが、あっという間に真っ暗になってしまいました。
とりあえず解体は全部終わらせましたが、もう夜で真っ暗なので移動はできません。

しかたが無いので、そのへんで寝ますか。
おやすみなさい。


おはようございます。
昨日は銃を抱えて木を背もたれにして寝ましたが、かなり寒かったですね。
背中の木はけっこう暖かかったけど、地面がメチャクチャ冷たかったです。

あー寒い。

温かいものが食べたいですね。
さっそくシカのお肉を食べましょうか。

次回#3「シカ肉食べて干し肉作る」




トップページに戻る

〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとう。

スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】

コメント

  1. 圭子より:

    ツカさんおはようございます!

    鹿肉ってどの肉の味に近いんですか?

    しかし鹿って強いですよね!
    一回打ってるのに、走れるし
    逃げられるし!

    でも最終的に鹿の捕獲が出来て良かったです!

  2. シカ肉はクジラのお肉に近いですね!
    ほんのり甘いのは鹿の血液が甘いからだと思います。
    ほんと捕獲出来てよかったです。

  3. 圭子より:

    そうなんですね!鹿肉はクジラに近いんですか!!凄いはじめて知ったー!クジラも食べたことが私はないので是非食べてみたいなー!どこで
    クジラ食べるのでしょうか?

    鹿肉はしゃぶしゃぶじゃなきゃ駄目なんですね!私も胃腸弱いんですよね。人間が37.0℃くらいで鹿が
    40℃で。。人間の体温で胃のなかで
    固まってしまうなんて。びっくりですよ!でも食べてみたくなります!