「桑谷キャンプ場」(予約制)愛知県【キャンプ】現役の井戸水!山と山の間にある田んぼ脇の道の突き当り!

桑谷キャンプ場の利用についてご案内します。

開設期間は3月1日から11月30日までです。
ご利用にあたっては、事前に申請が必要です。
まず、申請書を提出する前に電話で施設の利用状況を確認し、予約をしてください。
予約受付は随時ですが、小・中学校の夏休み期間中については6月から受付けます。
申請の手続きは、利用日の1週間前までに観光課で所定の手続きを済ませ、利用許可証の交付を受けてください。(予約なしでの当日利用は、できません。)
貸し出し備品は一切ありません。テント、飯ごう、燃料、毛布などは利用者で用意してください。
遠方のかたや観光課までお越しになることができないかたは、「申請書様式提供サービス」をご利用して頂き、申請書に必要事項をご記入の上、郵送又はファクスで送付してください。
なお、18歳未満の者のみのご利用は出来ませんのでご了承ください。
ご予約につきましては、1団体につき最大50人様までの受付とさせていただきます。
桑谷キャンプ場アクセスマップ(PDF形式:64KB)
桑谷キャンプ場キャンプサイト案内図(PDF形式:324KB)
詳しくは、観光課(電話番号:0564-23-6384)へお問い合わせください。

【ユーチューブ】


【現在地から検索】

こんにちは宇崎ツカの車中泊旅行にようこそ!

僕はいま愛知県にあるキャンプ場の桑谷キャンプ場に来ています。
p1190301

山と山の間にある田んぼの脇の通路を奥の方に進んで道の突き当りまできた場所にキャンプ場があります。
p1190285

入り口周辺に車を停める場所があるので、開いているところに車を停めましょう。
p1190297
あいてなかったらけっこう戻ったところに第二駐車場があるのでそこに停めますが遠いです。

キャンプ場の向かい側は池が広がっていますが、
池の周りはぬかるんでいて底なし沼のように埋まるので散歩はできません。
p1190339

キャンプ場じたいはけっこう広いですが、水道が無くて、奥にボットントイレと、手前にお祭りの時のトイレがあります。
p1190299

管理棟があるのでここで受付をします。
p1190336
このキャンプ場は無料ですが予約制なので予約をしてからここで受付をするんですね。

地図のとなりにお祭りの時のトイレが設置してありますね。
p1190303

Cサイトのてっぺんのほうにボットントイレがあります。
p1190307

水道が無くて、代わりに井戸水がふたつあります。
p1190311
そのままでは飲めないのでいちど沸騰させてから飲みましょう。
みんなは食器とか鉄板とかを洗うのに使っていますね。
子供さんが楽しそうに井戸水を汲み上げています。
まあ、今の時代に井戸で水を汲むとかって見た事ないだろうからね、すごい楽しそうですよ。

井戸の向かい側にバーベキュースペースがありますね。
p1190315
大きなかまどと東屋があります。
けっこうな人数の人達がお肉食べてますね。

いちばん奥がBサイトになります。
p1190319
けっこう人気のキャンプ場なんですね、テントたくさんありますよ。

こっちは西側のCサイト。
p1190322
けっこう木がたくさん生えてますね。

真ん中が中央広場になっていてキャンプファイヤーとかもできるみたいですよ。
p1190329

避難小屋があります。
p1190335
強風や豪雨の時に避難できる場所があると安心できますね。

奥にピンクのダイヤル式公衆電話がありました。
p1190332
ダイヤル式とか久々に見たなあ。
これ押しても入力できないんですよ、知ってました?
ぐるりとまわす事で入力できる電話なので平成生まれの人には扱えない電話です。

とてもちいさな川がキャンプ場の中央を流れているので、水遊びもできます。
p1190343
水道がありませんが代わりに井戸水がある珍しいキャンプ場でしたね。

以上、桑谷キャンプ場でした。またね!
snapshot




【カンパのお願い】
〇お買い物の際は、●Amazon●●楽天市場●からご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。
欲しいものリスト


気に入ってくださった方は、ご支援いただければ幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
スポンサーリンク
【広告】