【おへんろ】第63番札所「吉祥寺」【P200】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

おへんろ

【現在地から検索】

吉祥寺の歴史・由来

東西に走る国道11号線と、JR予讃線に挟まれて所在する。かつては塔頭21坊の伽藍を誇った大寺域は、やはり近代化された道路と鉄道によって狭められた。四国霊場の中で、本尊を毘沙聞天とする札所は吉祥寺だけで、その縁起をたどる。
弘法大師がこの地方を巡教したのは弘仁年間とされ、その折に大師は1本の光を放つ檜を見つけ、一帯に霊気が満ちているのを感得した。大師は、この霊木で本尊とする毘沙聞天像を彫造、さらに脇侍として吉祥天像と善膩師童子像を彫って安置し、貧苦からの救済を祈願して堂宇を建立したのが開創と伝えられている。
そのころの寺は、現在地より南東にあたる坂元山にあり、広い寺域に塔頭を21坊ほども有していた。だが、天正13年(1585)豊臣秀吉による四国攻めの争乱に巻き込まれて全山を焼失されている。その後、江戸時代の万治2年(1659)、末寺であった檜木寺と合併して、現在の地に移り再建されたと伝えられる。

寺宝に「マリア観音像」(非公開)がある。高さが30cmほど、純白の美しい高麗焼の像だが、伝来の由縁が興味深い。土佐沖で難破したイスパニア船の船長が、長宗我部元親に贈ったもので、元親はマリア像とは知らず、吉祥天のように美しい観音像として代々伝えられ、徳川幕府のキリスト教禁令にも難を逃れている。寺にはほかに鎌倉時代の「十二天屏風」、室町時代の「山越阿弥陀三尊像」(紙本著色)などが保存されている。

こんにちは宇崎ツカです。

四国お遍路63番札所「吉祥寺」に来ています。

駅の近くにありますが、入り口がとても狭い道路にあるのでわかりづらいですね。

駐車場は少し歩いたところにある民間の駅前駐車場を使います。

普通車は200円でした。

地方の町という感じですね。

お遍路さんが歩いていたので話しかけてみましたが、発音が聞き取りづらくて何言ってるのかよくわかりませんでした。

あいづちを打ちながらお寺まで歩きました。

お寺につくと阿吽の像ではなく、阿吽の象さんがいました。

「なにこれ?象さんだ。しかも背中に乗れそう。」

象の背中は平らなテーブルのようになっていて何か乗せられそうです。

阿吽の象さんと一緒に写真撮影をしている人もいました。

門をくぐると右には何かのお堂がありました。

左には鐘と手水。中庭のような場所があります。

手水で手を洗いましょう。

鐘を撞きます。

ごーん。

奥に本堂がありました。ロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

隣に大師堂があります。ロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

奥に納経所があるので御朱印を貰いましょうか。

こちらが御朱印になります。

本尊は毘沙聞天なのでそう書かれていると思われますが、何が描いてあるのか読めません。

以上です。

近くの石岡神社が西条祭りでおみこしが集まるというので見に行きました。

広い神社ですね。




トップページに戻る

【ご支援お願いします】
〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとうございます。
欲しいものリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました