「安比温泉(無料)」岩手県【野湯】ハードな山道!沢渡り!静かで綺麗な混浴露天温泉

安比温泉

【駐車場】あり(登山道入り口に3台程度)
【トイレ】無し
【脱衣所】無し
【P H】?
【温 度】41℃
【入浴料】無料
【時 間】24時間
【種 類】露天(混浴1)
【備 考】

【ユーチューブ】


【現在地から検索】

とりあえず安比スキー場を目指してナビどうりに進んでいくと安比スキー場につきます。

スキー場を左側にそのまま真っ直ぐ山を登って進んでいくとブナの駅は左、兄畑は右という看板があって分かれ道があります。

ここの道の選択で左のブナの駅方面に進んでいくと安比温泉で右の兄畑方面に進むと草の湯にいたります。
今回は安比温泉に行くので左へ進んでいきましょう。
舗装された良い道をどんどん進んでいくとブナの駅というトイレがある広場につきます。
大型バスがたくさんいて遠足の学生さんがたくさんいます。
とてもはしゃいでいるのでひき殺さないようにゆっくり進みます。

ブナの駅をすぎると砂利道になるのできをつけます。

道なりに走るとつきあたりと思われる広場に車がありました。
きっとここに車を停めて登山するのでしょう。

よくみると奥の方に安比温泉の看板がありましたが獣道すぎてよくわかりません。

とりあえず歩いてみると突然川が現れました。
これはしょっぱなからハードだなあ。

川を渡ると看板がありましたが矢印が消えていて右に行けばいいのか左にいけばいいのかわかりません。

うーむ。とりあえず左にいってみようかな。
だいぶハードだけどこれいけるのかなあ?なんか人の足跡じゃなくて獣道のような感じなんだけど?

あ。いきどまりだこれ。やっぱ鹿の足跡あるし獣道をたどっていたんだ。
と気がつくまで約15分の藪漕ぎ。
またこれを戻るのかよきっつ。

と戻って今度は看板を右へ。この看板消えすぎでわからねえよ。

しばらくハードな登山をするとまた看板が現れました。
この看板割れてるし。
でも方向はわかったぞ。

一キロくらい歩いたところに水が湧き出ている回復ポイントを見つけました。
気力が回復したぞ!

と思いきやなんだこの崖っぷちは?!
ふつうこういう場面にはガイドのロープがあるはずなのに何にもないんですけど?ふぁ?これ行くんですか。

そして川っぺりを歩きます。
そして川の中を少しさかのぼって。

また崖っぷちを歩きます。こえーよ。

看板がありました。
この看板は矢印が見えますね。
安心できます。

そして川を渡ります。
川の石は滑るから川わたりたくないんだよなあ。

また看板の矢印が見えないし。
看板の矢印が消えてるとものすごく不安になるよね。

どうやら激坂のクライムコースか川沿いの川の中を泳いでいくコースかの二択のようです。

坂より川沿いのほうがいいかなーと思って川コースを選択したら道が無くなってガイドもなくて詰んだ。
やっぱり川をさかのぼるのはけっこうきついです。

来た道を引き返します。
謎の植物。

かなりの急な坂道をのぼったら看板がありました。
どうやら左に下っていくようです。

くだるとまた川がありました。

この川をわたったところが安比温泉です。

透き通ったお湯でけっこう綺麗に掃除されています。

温度は41.3℃でちょっとぬるいかな?

でも外気温6℃の強風で土砂降りの雨が降ったりやんだりなので今すぐにでも飛び込みたいです。
ざぶん。

はーあったかい。
こごえた体がいきかえるなあ。雨はきついわー。

なにげにひらけたたいらな場所なのでここにテントを広げて泊まれる場所なのかもしれませんね。
登山もけっこういいものだなあ。
こういうところに泊まってみたいね。

下山したら夜になってしまったのでブナの駅で寝ました。
月がとても綺麗でしたが強風と寒さが半端じゃなかったです。
寒くてあんまり眠れませんでした。

そしてライトが壊れました。




トップページに戻る

〇宇崎ツカ.comはアフィリエイト収入で活動しています。
お買い物の際は【Amazon】【楽天市場】宇崎ツカ.comページのバナーからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が宇崎ツカ.comに届きます。いつもありがとうございます。

スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】