【車中泊】サンバーにRENOGY ソーラーチャージャー 10W ソーラー充電器 バッテリー上がり防止用【一年間保証付き】 3000円の付け方

どーもー!ツカちゃんです。

なんだか冬になったらエンジンのかかりが悪くなってきました。

車中泊してる時に朝起きてエンジンがかからなかったら嫌ですよね。

寒くなるとバッテリーの出力が下がるのでエンジン起動用のセルモーターの元気が無くなります。

バッテリーの蓄電量を上げておくとエンジンがかかりやすくなります。

10wのソーラーパネルをバッテリーに直結してバッテリー上がりを防止しましょう。

10wのソーラー充電器はこちら。

RENOGY ソーラーチャージャー 10W ソーラー充電器 バッテリー上がり防止用【一年間保証付き】
https://amzn.to/2OtLmBx

開けるとソーラーパネル。

付属品はバッテリー直結ケーブル。
ワニクリップケーブル。
シガーソケットケーブル。
吸盤。
カラビナ。

サンバーの助手席を倒します。

助手席の下にバッテリーがあります。

バッテリーの端子にソーラーパネルの端子を挟みます。

マイナス→プラスの順に外して、ソーラー端子を付けて、
プラス→マイナスの順にくっつけます。

コードをソーラーパネルにつなぎます。

ダッシュボードの上にセットします。

できました!

そして1週間後。

冬でもエンジンがかかりやすくなりましたね。

10wでジワジワと電気が溜まるので少なくともバッテリー上がりしなくなりました。
こういう小さめのソーラーパネルがあると安心できますね。
車にはキーレス電波受信とかのシステムが常に電気をちょっぴり使っているので10wのソーラーパネルを付けるとちょうどプラスマイナスゼロくらいになりますから過充電で爆発とかもしないです。

1週間使ってみてエンジンスタートの調子が良いから効果ありだと思います。

あれ?でもこのソーラーパネルが正常に動いているのかどうかってどうやって調べるの?
よくわからないな。

まあ調子よく動いているからいいか。




トップページに戻る

【ご支援お願いします】
〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとうございます。
欲しいものリスト
スポンサーリンク
【広告】