「ツタから釣り糸を作る」#17山奥の川で自給自足サバイバル生活

こんにちは宇崎ツカです。

釣り針を作る事ができたので、こんどはその辺に生えてるツタから釣り糸を作りましょう。
しめ縄を作る方法と同じ縄ゆいという方法で作ります。
まずはツタをむしり取って来ます。

縄ゆいでより糸にしていきます。

ツタとツタを太ももの上に並べて、

手を置いて、2本両方をいっしょによじります。

よじれた2本をくっつけると1本のより糸になっていきます。

足りなくなったらツタの皮を重ねてヒネって継ぎ足していきます。

だいたい3メートルくらい作れば大丈夫かな。

これで、ツタのより糸ができました。

このより糸はかなり頑丈ですよ。

あとはその辺に生えている竹で竹竿を作って、その辺の石の裏にいるミミズをエサに釣りをするだけですね!




トップページに戻る

【ご支援お願いします】
〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとう。
欲しいものリスト
Amazonギフト券- Eメールタイプはuzakituka@gmail.comまでお願いします。

スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】