「綺麗な海!鯨みたいに巨大なジンベイザメだらけ!」沖縄県:沖縄美ら海水族館(1850円)

旅行

沖縄美ら海水族館
〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
churaumi.okinawa
0980-48-3748
8時30分~17時30分

【料 金】1850円
【駐車場】無料

【ユーチューブ】

「沖縄美ら海水族館(1850円)」沖縄県【観光】綺麗な海!鯨みたいに巨大なジンベイザメだらけ!

【現在地から検索】

こんにちは宇崎ツカです。

那覇から、ちゅら海水族館に向かいます。
沖縄美ら海水族館4

途中でソーキそばを食べました。
P1090030

ソーキそばと沖縄そばの違いは、
P1090029
ソーキそばとは煮込んだ豚のアバラ肉(スペアリブ)を乗せた伝統的なそば。である。
沖縄そばとは煮込んだ豚の三枚肉(バラ肉)を乗せた伝統的なそば。である。
ちなみに「そば」と表記してあるけれど一般的に言われるそばとは違って、
そば粉は使われていません。
どちらかといえばソーキそばのほうがおいしいです。

道の駅でお酒を購入。
P1090033
沖縄限定らしいです。

けっこう遠いなあ。

P1090041
とても大きな公園の中の一部の施設に水族館がありますよって感じの場所ですね。
水族館に行くまでにけっこう歩きます。

水族館に入ります。
P1090049

水族館にはいるとすぐにナマコとヒトデに触れる水槽があります。
生きているナマコをぶよぶよと触ることができます。
無題
ヒトデはとても硬いです。
無題2

向かい側には沖縄のサンゴ礁が展示されていて、
P1090053
沖縄の海の魚がたくさん泳いでいます。
生きている沖縄のトロピカルな魚を見るのは初めてなので見ていて飽きないです。

でかいシャコと海老がいました。
無題3
とてもおいしそうです。

ウツボ
P1090061

シロダイ
無題4

ダイオウイカの死体
P1090081

チンアナゴも人気があります。
P1090066
僕は黄色と白のしましまのアナゴがチンアナゴだと思っていましたが、
チンアナゴとは白地に黒ぶちのほうだそうです。
いやあ勘違いしていましたよ。
縞々のほうはニシキアナゴと言うそうです。

その奥に進むと本日のメインイベントのジンベイザメの水槽がありました。
P1090075
ちゅらうみ水族館といえばこのジンベイザメ。
そしてトンネル状の道があって、そのジンベイザメを真下から見ることができます。
P1090080
まるで海にもぐっているような視点でジンベイザメを見れますよ。
いやあ、ものすごく大きいですね。
P1090072
ほかにも水槽の中にはたくさんの魚が泳いでいます。
海の中に入ったとしても、
ジンベイザメを含めてこんなに魚が密集して泳いでいるところは見た事が無いので、
ものすごくメルヘンでファンタジーな空間に見えます。
しかもすべての魚がまるまるぱんぱんに太っていておいしそうです。
1時間くらいすぐに経過してしまいますね。

外に出るとほかにも海がめ館とかイルカショーとかいろいろありますが。
P1090086
広すぎて歩くの疲れたので、
無題6
見ないで帰りました。




トップページに戻る

【ご支援お願いします】
〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとうございます。
欲しいものリスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました