「竜の住む洞窟!?直径50メートルの天窓が開いた巨大洞窟!」静岡県:竜宮窟(P夏季有料)

竜宮窟
〒415-0029 静岡県下田市田牛
0558-22-1531

【料 金】無料
【駐車場】無料
【ユーチューブ】


【現在地から検索】

こんにちは宇崎ツカです。

朝は河津桜を見ていました。
IMG_20160309_084631
もう河津桜は散ってしまっていて緑色の葉桜になっていましたが、
一部残っているものがかろうじてあるようです。

こちらはみなと桜
IMG_20160309_084806
そして竜宮窟に移動します。

僕は今、静岡県の竜宮窟に来ています。
SnapShot
竜宮窟とは海食洞の天井が崩れた洞窟である。
海食洞とは地震で地面が盛り上がった場所が、波で削られてできる洞窟のことである。

伊豆と本州の衝突により、数100万年前の海底火山の噴出物が隆起して、地表に姿を現しました。
地表に姿を現した地層には波がうちつけて、地層の弱い部分が削られて洞窟(海食洞)ができました。
やがて、洞窟の拡大にともない、天井の一部が崩れてこの大きな天窓ができました。

竜宮窟を上からのぞく展望台からは2方向に分岐した海食洞がハートの形に見える。
竜宮窟は太陽の差し込む方向や潮の満ち引きによって、さまざまな表情を見せてくれます。

今日は雨ですけどね。

駐車場に車を停めると、すぐに門があって、
SnapShot(0)

下り坂の階段があります。
SnapShot(1)

階段をおりるとすぐに竜宮窟がありました。
SnapShot(2)

けっこう人がたくさんいますね。

おーすげえ!天井に穴がぽっかりあいてるよ!
SnapShot(5)

でかい。
大きな壁にかこまれた場所です。
海の音が壁でこだましてとても大きく聞こえますね。
天然エコーの吹き抜けホールみたいな音響です。
SnapShot(4)

昔はこの上に竜宮神社という水竜の怒りを納める神社があって、
まだその当時は天井が崩れてい、まあるい洞窟だったんですよね。
で、船でしか洞窟の中には入れなくて、
昔の人はここに水の竜が住んでいる、ウォータードラゴンの巣だと思っていたんですね。
なのでこの洞窟の真上に神社を建てて、竜神様を祭って、海の怒りを鎮めた、と。
だからここは竜宮窟と言うんですね。
文字通り、竜の宮の洞窟です。
SnapShot(3)
そして時間が経過して天井が崩れて今に至ります。

ここはドラゴンのパワーがみなぎるパワースポットなのですよ。

パウワーがみなぎってきた!

そして釣りをしようと、下田の犬走堤防まで来ました。
が、
P1090396
もう半端じゃないくらいの強風と高波で釣りを断念しました。
雨と風で前が見えないので近くの下田公園で車中泊しましたが、
車が風で浮き上がって跳ねるので良く眠れませんでした。

食パンがなくなったので追加で買い物しました。
IMG_20160309_132830
基本セットは食パンのマヨネーズかけ、キャベツ、魚肉ソーセージ。
朝と昼はこれを食べています。
夜はご当地メニューで何か食べてみようかなと、思っています。




トップページに戻る

〇宇崎ツカ.comはアフィリエイト収入で活動しています。
お買い物の際は【Amazon】【楽天市場】宇崎ツカ.comページのバナーからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が宇崎ツカ.comに届きます。いつもありがとうございます。

スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】