犬鳴峠

現在はゲートに監視カメラで立入禁止。

監視カメラ。

立入禁止で入ったら通報。

という場所で入れませんでした。

どういう場所なのかは以下参照です。

事件は、昭和63年12月7日に起こった。
被害者は、田川郡内に住むUさん(20歳)。地元のT工業高校を卒業後、スチール製造工場に就職。
10万円の給料のうち、7万円を母親に渡すほどの孝行息子で、軽度の知的障害があったが、内気でおとなしい青年だった。
7日の夕方、仕事が終わった彼は、いつも通りまっすぐ家に帰ろうとしていた。
そしてたまたま信号待ちをしていたところ(青信号だったら彼は死なずにすんだ)以前から面識があった主犯の少年(19歳)ら16~19歳の少年5人(いずれも田川郡・田川市に住み、一部は田川の暴力団)に、ガールフレンドとのドライブ用に、「女を送るのに格好つかんたい。車を貸せ」と言われた。

●それを断り、青信号になったと同時に車を出して振り切った。
運が悪いことにすぐ次の赤信号で、真面目な若い工員は、車を止めた。
そこで、追いかけて来た不良少年たちに捕まり、袋だたきにあった。
悪くもないのに、受けているリンチから逃れるために 謝りつづける若い工員を、少年達は手足を縛り車のトランクに詰め込み、犬鳴峠へ向かう。

●それを断ったため、拉致される。
深夜2時、見張り役少年が寝込んだすきに監禁場所を抜け出し、家に向かって 2キロも歩き続ける。(周りに家や通りがかった車に助けは求めなかった)
しかし再び路上で拉致される。
犯人達は苅田港に蹴り落とそうするが 岸壁のフェンスにしがみつき「助けてくれ」と泣き叫ぶ彼の手にバールを
打ち下ろす。
顔は変形しフェンスをつかんだ手から血が流れる。
やがて彼は ぐったりし声も出さなくなったが打たれても打たれても手だけは離さなかった。
「もう、いいやろ。かわいそうやから、やめよう」と声が上がるが主犯の少年が
「俺たちは殺人未遂の共犯やけんな。捕まらんよう殺してしまうぞ」
彼は車のトランクに押し込まれさんざん殴られる。
犯人達は手が痛くなると クランクやナットを取り出しそれで殴り続けた。
その後、力丸ダムに沈めようとするが「死体が浮いたらバレる」と中止。
「顔がわからんよう焼き殺そう」 と犬鳴峠に向かう。

●不良少年たちの運転する 工員の車は 犬鳴峠へと向かった。
峠に到着した少年達は工員をさらにリンチした。
少年たちの一部は殺すつもりはないため、リーダーを止めた。
しかしリーダーは、殺して証拠を隠滅する道を選んだ。
ガードレールの下に広がる崖、そのガードレールに必死に捕まる工員、 その手を工具で殴りつづける少年たち。
崖に落ちた工員は死ななかった。
必死に傷だらけの体で崖を登った。
それに驚いた少年たちは、工員にさらなる暴行を加える。
極め付けには、ガソリンを体に浴びせ火をつけた。

●旧犬鳴峠に着き、ガソリンを頭からかけたところ、被害者が悲鳴をあげ それがトンネル内に響き渡った為、犯人らは一瞬ひるむ。
そのすきを 見て逃走。トンネルを抜け、雑木林を逃げ回り、山中を駆け登った。
少年らは 「悪かった。謝る。もう何もしないから降りて来い。嘘はいわん」と呼びかけ
それを信じて降りて来た彼を、トンネルから150メートル離れた路上で再び捕まえた。
泣き叫ぶUさんの口に、シャツをちぎって押し込み、両手足をシャツで縛る。
大きな石で頭を5回打ち付け、その割創傷は7センチに及び血しぶき がガードレールまで飛んだ。
それでも「助けてくれ」と命乞いをする彼に、ガソリンをかけ ライターで火をつけたチリ紙を放り投げる。
かけられた石油はわずか0.7リットルだったとか。
つまり中途半端に燃えて、とても苦しんだそうだ。
また、主犯格は、手下の人間に1人ずつ役割を分担させた。
ジャンケンか何かで、ガソリン買って来る役、チリ紙に火を付ける役、火の付いたチリ紙を放り投げる役など・・・。
被害者はのたうち回り焦げた衣服が ガードレールにべったりとこびりつく。
転げ回った末、トンネルの入り口 まで走り、そこで力尽きて倒れた。
一旦その場を離れた少年らは、現場周辺を(車で?)ぐるぐる回り、Uさんの焼却状況を確認するため、3回も現場に戻っていた。




トップページに戻る

〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとう。

スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】