【無人島】サバイバルアイランド乙島(宮崎県東臼杵郡)でサバイバル!

名 前:サバイバルアイランド乙島
場 所:宮崎県東臼杵郡門川町門川湾沖 乙島
https://goo.gl/maps/aHcBwxrj6j82
期 間:7月1日から8月末
手続き:不要
トイレ:水洗
水 道:あり
かまど:あり
屋 根:炊事棟、東屋
連絡先:門川町観光協会 電話:0982-57-4110
http://www.town.kadogawa.lg.jp/industry/map/page000915.html
その他:いつ行っても大丈夫ですが、夏以外は誰もいません。

無料キャンプ場まとめ

こんにちは宇崎ツカです。

今回は宮崎県にある無人島のサバイバルアイランド乙島に向かいます。
無人島といっても近い場所にあるので港から島が見えます。

釣り船屋さんの磯八丸さんの船を使って無人島に行きましょう。

渡し船の待合所に無人島のポスターが貼ってありました。こんな形の島なんですね。

こんにちは。

お店に入って電話したツカです、と言う。
すると、こんにちは、外の桟橋で少し待っててくださいとのこと。

運動公園の横にある桟橋で少し待ちます。

そして船で無人島へ。料金は往復で1500円。安いね。

釣りメインの船なので、乗り合い船。
しらない釣り人さん達に紛れて、ついでに乗せて行ってもらえました。
ありがとうございます。

するとすぐに島がみえてきましたよ。

ここが無人島の乙島です。

島に上陸しました。

船着き場は島の西側にあります。
南西に長い堤防があって、この長い堤防がメインの釣り場になっています。
北西が海水浴場とキャンプサイトになっていますね。

船着き場の水深は少し浅いです。釣りをするなら南西にある長い堤防の先端の方に行ったほうがいいですね。
ウミヘビがにょろにょろ泳いでいます。

まずはキャンプサイトと炊事場を確認しておきましょう。

ここがテントサイトのウッドデッキですね。

草刈りしてあるとても広い芝生です。

山側に奥へ続く山道があります。

海が綺麗ですね!海水浴場になっています。

日陰になる東屋があります。休憩できますね。

山沿いにトイレや炊事場などがありました。

トイレは綺麗な水洗トイレで自家発電により電気が自動で点きました。

トイレの隣に管理棟があって、シャワールームや売店がありますが、もう夏ではないので誰もいませんでした。

管理人さんがいる夏にはいろいろな道具がレンタルできたり、売られていたりしますが、オフシーズンには誰もいません。
水は出ますが井戸水なので飲めません。
シャワー室にはカギが掛かっているのではいれませんでした。

少し歩くと炊事棟がありました。

炊事棟には屋根が付いていて、真ん中にテーブルとイス、右側にかまど、左側に水道があります。

雨が降ってもバーベキューができますね。

きれいなかまど。

ライターが落ちていました。ライターゲット。

炊事場の脇に焚火をした跡がありました。
燃えカスの炭をゲットです。
壊れた鍋をゲットです。

東屋の柱に無人島なので自己責任でお願いしますとかいてありました。

そして東屋のはじっこで釣り糸をゲット。

長い堤防の先端に向かいます。

オモリゲット。

草に絡まった釣り針をゲット。

壁をカサカサ歩いていたフナムシ(釣り餌)をゲット。

堤防の壁にハシゴが掛かっているので、これを登って外側のテトラで穴釣りをします。

釣り糸に釣り針を結んでオモリを付けてエサを刺して海に投げます。

手で釣りあげます。

スズメダイが釣れました!

何か釣れないかなあ?

キタ!

ネンブツダイが釣れました。

わーい!拾った釣り針とその辺のフナムシでお魚釣れたよ!
こんな適当な仕掛けでも釣れるんだね。

その後、大きいお魚が掛かったけれども根に潜られて仕掛けをロスト。
やっぱり拾った釣り針じゃ力負けしてしまった。とほほ。
まあでもお魚釣れたし、食べますか。

拾った鍋と燃えカスの炭に拾ったライターで火を付けて、海水で塩ゆでにして魚のスープを食べます。

いただきます。

「うまい!」

ごちそうさまでした。

屋根もあるし、今日はここで寝ます。

そして3日後。

ヒゲが伸びた。

お魚も釣れるし、雨風をしのげるし、水があるし、特に問題も無く過ごせたけれども、穀物が無いので帰ります。
ネットリしたお餅食べたいですね。

以上、サバイバルアイランド乙島でした。またね!




トップページに戻る

〇お買い物の際は【Amazon】や【楽天市場】こちらからご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。いつもありがとう。

スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】