「清津峡(600円)」新潟県【日本三大渓谷】なだらかなトンネルで車イスやベビーカーでも渓谷が楽しめる


こんにちは宇崎ツカです。

僕は今、新潟県にある日本三大渓谷の清津峡に来ています。


駐車場は広いので適当に停めます。


渓谷にはトイレが無いので、駐車場の向かい側にあるトイレに入ってから渓谷に向かいますね。


駐車場の奥の方にお土産屋さんが2軒あって、宿泊施設もありますね。
ここを奥に進みます。


きれいな川と切り立った谷が見えてきました。
これが清津峡ですね。
谷というか、断崖絶壁です。


突き当りまで来るとトンネルの入り口があるので入ります。


このトンネルには4つの出口があって、その出口から渓谷を見ることができます。
受付で600円を払ってチケットを買いました。


トンネルを進みましょう。
車椅子のおばあちゃんがいたり、ベビーカーの親子がいたりします。
ここは歩けなくても渓谷が見れる場所なんですね。


少し進むとクマの剥製がありました。
この渓谷で仕留めたクマのようです。
立派なクマですね!
だんだん寒くなってきました。


そして第一見晴台に着きました。


渓谷が近くて絶壁が視界に広がります。
下に川が見えますね。


第二見晴台。同じような構図です。


第三見晴台。同じような構図です。


第四見晴台はかなり良い構図で、中央に川、左右に断崖絶壁、空は高く青い。
これは美しい。


ん?でも奥に電線と鉄塔が見えますよ。
これは、あまりイケてないな。


しばらく景色をたんのうしました。


なんかでも、気分的に渓谷に来たというよりもトンネルに来たような気分です。
長いトンネルが印象的ですね。
渓谷というと、険しいハイキングコースを小一時間歩いてやっと辿り着くようなイメージだったから、ちょっとものたりないかな。

でも、トンネルが無かったら川を遡って来るしかないから、それはそれで大変というか、川を遡ってまで来ないよな。

と考えると、歩けないひとでも気楽に日本三大渓谷を楽しめる場所は、やっぱり貴重だね。

以上です。またね!


帰りに受付の人がパネルを見せてくれました。
10月の中旬から11月中旬くらいまでが紅葉でとても綺麗になりますからぜひ遊びに来てください、だそうです。
紅葉のパネルが綺麗ですね。


外に出ると川で遊んでいる人達が見えました。
僕も水遊びに行きましょう。


階段を降りて川に入りましたが、深くて流れが速くて危ないです。


ラフティングで遊んでいる人が何人かいました。

のどかで良い場所ですね。




【カンパのお願い】
〇お買い物の際は、●Amazon●●楽天市場●からご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。
欲しいものリスト


気に入ってくださった方は、ご支援いただければ幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】