【おへんろ】第70番札所「本山寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】

本山寺の歴史・由来

仁王門
四国霊場では竹林寺・志度寺・善通寺とこの本山寺の4ヶ所だけという五重塔が目印。大同4年(809)の建立でしたが損傷が激しく明治43年に再建されました。また、本尊は馬頭観世音菩薩で四国霊場では唯一のもの。頭上に馬頭をいただく観音様で、祀られている本堂のそばには馬の像が控えています。
大同2年(807)平城天皇の勅願により、弘法大師が七十番札所として開基。当時は「長福寺」という名で、本堂は大師が一夜ほどの短期間にて建立したという伝説が残ります。およそ2万平方メートルの広大な境内には国宝の本堂はじめ、仁王門、五重塔、鎮守堂、大師堂、十王堂、赤堂(大日堂)、慰霊堂、鐘楼、客殿などが並び、大寺として栄華を極めた当時を偲ばせます。

天正の兵火では長宗我部軍が本堂に侵入の際、住職を刃にかけたところ脇仏の阿弥陀如来の右手から血が流れ落ち、これに驚いた軍勢が退去したため本堂は兵火を免れたといわれます。この仏は「太刀受けの弥陀」と呼ばれています。その後、「本山寺」と名を改め、今に至ります。

こんにちは宇崎ツカです。

四国お遍路70番札所「本山寺」に来ています。

町はずれの平らな場所にあるお寺ですね。

駐車場はお寺の向かい側にあります。

仁王門。

和様・唐様・天竺様という三つの様式の山門で国指定の重要文化財。

でも門の格子が狭くて阿吽の像がとても見ずらいです。

お遍路さんがいるので話しかけてみましょう。

ツカ「こんにちは何県からきましたか?」

「私たちはちかいんですよ。徳島県から来ました。」

ツカ「四国の方は頻繁にお寺を回る人とかっていますか?」

「そうですね、何回かまわりますね。ずっとまわられるんですか?」

ツカ「ここが70番なのであと18個所でゴールです。」

「高野山でまたお会いできたらね。」

ツカ「はい、ではでは失礼します。」

高野山で会いましょうみたいな事を言うんだね。なんか新しいな。

門をくぐるとけっこう広い境内で正面に本堂、左奥に五重塔、右奥に大師堂があります。

近くに手水があるので手を洗いましょうか。

右に鐘があるので撞きましょう。

ごーん。

よく見たら五重塔が工事中でまったく見えません。残念です。

本当は天を貫く五重塔がそびえ立つ圧倒的な寺院パワーを感じられる場所ですが、まあ仕方がないね。

本堂でロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

馬の像がありました。うまーん。

大師堂でロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

ほかにもいろいろとお堂がありました。

納経所は本堂の裏にあるので御朱印を貰いに行きます。

こちらが70番札所の御朱印になります。




【カンパのお願い】
〇お買い物の際は、●Amazon●●楽天市場●からご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。
欲しいものリスト


気に入ってくださった方は、ご支援いただければ幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】