【おへんろ】第67番札所「大興寺」【P無料】宇崎ツカの四国一周車遍路旅

【現在地から検索】

大興寺の歴史・由来
地元では大興寺というより、山号にちなむ「小松尾寺」という呼称が親しまれ、近傍一帯の集落を小松尾と呼ぶ。
縁起によると、天平十四年(742)熊野三所権現鎮護のために東大寺末寺として現在地よりも約1キロ北西に建立され、延暦11年(792)大師の巡錫を仰ぎ、弘仁13年(823)嵯峨聖帝の勅により再興されたと伝えられている。しかしながら、戦国時代末、長宗我部元親の兵火により一部を残してことごとくを焼失、慶長年間(1596〜1615)に再建されたが再び焼亡、本堂は寛保元年(1741)に建立されたものである。

現在の大興寺は真言宗の寺院であるが、往時真言二十四坊天台十二坊が甍を連ね、同じ境内で真言天台二宗が兼学したという珍しい来歴を持つ。そのためか天台宗の影響が大きく、本堂に向かって左側の弘法大師堂とともに、右側に天台宗第三祖智顗を祀る天台大師堂があるという配置にその名残を留めている。また本尊脇侍は不動明王と毘沙門天であるが、不動明王は天台様式である。
香川県の文化財として指定されているのは次の4件である。1つは像高84センチの本尊藥師如來坐像で、平安後期、檜寄木造り、漆箔、伝弘法大師作。鎌倉時代後期建治2年(1276)の銘がある天台大師坐像は檜寄木造り彩色で像高77.4センチ。天台大師の彫像は極めて少ない。仁王門にある雄渾な2の金剛力士立像は仏師として名高い運慶の作と伝えられ、像高314センチ。鎌倉初期の作、八十八ヶ所中最大とされる。「大興寺」と記された扁額には文永4年(1267)の年号と「従三位藤原朝臣経朝」の裏書きがある。

こんにちは宇崎ツカです。

四国お遍路67番札所「大興寺」に来ています。

駐車場は無料でけっこう広いですね。

バスツアーの人達がバス2台で訪れています。ガヤガヤしてますね。

周りは田んぼだらけでため池が多いです。

特に目印となるような建物や看板が無い為か、けっこう迷いやすいですが、寺がわかりやすい為なんとなく到着することができます。

地図を持ってルートの確認をしているお遍路さんがいたので話しかけてみました。

ツカ「何県から来ましたか?」

「長野からです。」

ツカ「このへん田んぼがいっぱいで同じ風景だから迷いますよね。」

「そうそう、来る時もけっこう迷いましたよ。」

ツカ「お気をつけて。」

「あなたも気を付けてねー」

そう言ってひとり、歩いて遠くに行きました。

歩き遍路の人は一人旅がけっこういますね。

駐車場の隣に門があります。

ここの阿吽の像はすごい明るい笑顔ですよ。リポDのCMに出てきそうな筋肉と笑顔です。

門をくぐると階段が見えました。

階段かあー。

階段の右横に大きなカヤの木がありました。

樹齢は1200年以上で、弘法大師がカヤの木を植えて行ったと伝えられているので、この木がそれですね。

階段をのぼりきると正面に本堂がありました。本堂の中に納経所があるそうです。

左側に手水があるので手を洗います。

本堂でロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

右側に鐘があるので鐘を撞きましょう。

ごーん。

ここの鐘は軽い音がしますね。

本堂の右奥に大師堂があるのでロウソク・線香・お賽銭・納札・お経を納めます。

納経所で御朱印を貰いました。

以上、67番札所「大興寺」でした。またね!




【カンパのお願い】
〇お買い物の際は、●Amazon●●楽天市場●からご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。
欲しいものリスト


気に入ってくださった方は、ご支援いただければ幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】