【おへんろ】第03番札所「金泉寺」【P無料】【宇崎ツカの四国一周車遍路旅】

〒779-0105 徳島県板野郡板野町大寺亀山下66
www.88shikokuhenro.jp
+81 88-672-1087


【現在地から検索】

こんにちは宇崎ツカです。

僕はいま第03番札所「金泉寺」に来ています。

むかしむかし、日照りに苦しんでいる村人を見た弘法大師が井戸を掘った。
井戸から湧いた水は霊水で「長寿をもたらす黄金の井戸」と呼ばれるようになった。
なので寺の名前を「金泉寺」にしましたとさ。

というお寺です。

その井戸はもうないみたいですよ。

門の横に駐車場がありますね。

そしてこれが門である。

でっかい門だなあ。

中に入ると正面に本堂、右に大師堂、左に納経所があります。

まず手水舎で手洗いうがいをします。

鐘があるので鳴らしておきましょう。

「ごーん」良い音ですね!心が洗われますよ。

本堂にロウソクとお線香をあげて収め札を収めてお賽銭を入れてお経を唱えます。

右側にある大師堂でもロウソクとお線香をあげて収め札を収めてお賽銭を入れてお経を唱えます。

奥の方に竜王の彫刻がありました。かっこいいね!

6地蔵。

お寺の裏には普通のお墓があって、塔が建っていました。

お寺の中に土足で入れる場所があるようです。
ちょっと入ってみました。

キラキラですね。

納経所の手前に大きな石があります。

これは「弁慶石」という石で、
源平合戦の時に、源義経が金泉寺に立ち寄って戦勝開運の祈願をした。
その時に義経が弁慶の力試しに持ち上げさせた石です。

こんなに大きな石を持ち上げたのか。
大きいけど、すごい力持ちの人ならば、まあ持てるかもしれないよねっていう現実味のあるレベルのサイズです。
じゃあ持ってみろって言われると、こんなん実際クレーンで吊らないと無理だけどな。

そして御朱印を書いてもらいました。

そして休憩所にいた、とても大きなリュックを持った人に話しかけました。

ツカ「こんにちは、大きな荷物ですね、どのくらいの重さなんですか?」
リュックの人「だいたい30キロくらいありますけど、寝袋が大きいだけでそこまで重くないよ。」
ツカ「30キロかあ、重いなあ。おきをつけて。」

登山の人でも30キロのリュック担いであるくとかそうはいないよね。
すごい体力だな。
自衛隊の演習と同じくらいの重量だよ。

さて、次のおてらに向かいましょうか。




【カンパのお願い】
〇お買い物の際は、●Amazon●●楽天市場●からご利用して頂くと、アソシエイトプログラムによりお買い上げ金額の数%(商品により変動)が私に届きます。
欲しいものリスト


気に入ってくださった方は、ご支援いただければ幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
スポンサーリンク
【広告】
【広告】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

グーグルのおすすめ記事
スポンサーリンク
【広告】